家づくりの流れ

1. 出会い 見学会やモデルハウスご来場などじっくりと新装の家づくりを見て、体感してください。
2. ご相談 新しい建物へのご要望、現在のお住まいの不便に思っているところなど家づくりへの『想い』を存分に伝えて下さい。
3. 敷地調査 敷地の条件、法的規則、電気、水道、ガス、周辺の土地などの確認をします。
4. プランニング お施主様の家づくりへの『想い』を間取りへ反映します。
5. 資金計画 建物のおおよその金額、工事以外にかかる費用などの計画を行います。
6. 図面確定
ご契約
最終図面を確定し、見積り提出後、ご納得いただければご契約となります。
7. 地盤調査 地盤調査を行い、改良工事が必要な場合は別途工事費が必要となります。
8. 地縄・GL確認 建物の位置、基準となる高さの確認、決定を行います。
9. 地鎮祭 工事に先立ちその土地の神様に工事の安全と無事に竣工を迎えられるようご祈願いたします。
10. 着工 いよいよ工事着工です。建物の規模にもよりますが概ね半年ほど工期がかかります。
11. 配筋検査 鉄筋を配筋後に設計通り施工されているか検査を行います。
12. 上棟・上棟式 お日柄の良い日を選び構造材を組み上げます。任意ですが上棟式を執り行います。
13. 中間検査
構造検査
金物検査、防水検査等を行います。ここでの検査が建物を保証するうえで重要となります。
14. 竣工検査
自主検査
ここまで来たらもう一息。各種検査を行います。
15. お引き渡し ついに夢のマイホームの完成です。お引き渡しの中で機器類の使用説明も同時に行います。
16. アフターフォロー 定期訪問やイベントなど末長いお付き合いをよろしくお願いいたします。

新装建設では営業(ご案内、打合せ等)から現場管理、そしてアフターフォローまですべて同じ担当が行います。ハウスメーカーや一般のビルダーのように『契約までが営業の仕事。現場管理は監督の仕事。』というように分けてはおりません。すべてはお施主様にご満足していただくためです。お施主様の思いがダイレクトに工事に反映されます。

ページの先頭に戻る