太陽光発電

太陽光発電を載せるメリット

山梨県は日射量が日本でも上位の県。そのため太陽光発電には非常に適した県である。
太陽光という自然の力を利用して発電するため電力会社から電気を購入する量が減るため地球温暖化対策に適している。
日中に発電し、使用したが余った電気は電力会社で買い取ってくれるためお財布にも優しい。
停電時(太陽が出ている時間のみ)には自立運転があるので概ね1500w位までの電化製品が使用できる(電力が安定しないので使用を避けたほうがよい機器もある)。例えば携帯電話の充電やテレビを見ることもできる。

ソーラーサーキットの家と太陽光発電

冷暖房に極力頼らないソーラーサーキットの家と太陽光発電は相性抜群。一般の住宅で5~6kw相当の発電システムを搭載しなければ『買電?売電=0』にならないものが、ソーラーサーキットではもともと電力消費量が少なく済むので一般住宅より少なめの搭載量で『買電?売電=0』を実現することだって可能(建物の規模や毎日の電気の使用量、日射量により異なります)。

太陽光発電の種類

  単結晶系 多結晶系 薄膜シリコン系 化学物系
メリット モジュールの変換効率が高い。 変換効率はやや劣るが量産性にすぐれ、やや安価 高温に強い。
製造時使用するシリコンが少なくて済む
影、曇り、高温に強い。
デメリット コストが高い
高温に弱い
単結晶より変換効率が劣る
高温に弱い
モジュールの変換効率が低い シリコン系に比べ変換効率が低い

太陽光発電搭載例

中央市H様邸 甲斐市K様邸 中央市モデルハウス
京セラ製
多結晶型
エコノルーツ3.34kw搭載
ソーラーフロンティア製
化学物質系
4.08kw搭載
カネカ製
薄膜シリコン系
屋根材一体型
3.08kw
中央市モデル写真1 甲斐市モデル写真1 中央市モデル写真1
中央市モデル写真2 甲斐市モデル写真2 中央市モデル写真2
     
ページの先頭に戻る